ドライブレコーダーで事故削減 ドライブレコーダーで事故削減

業務用ニーズに応える録画機能。
いざという場面も鮮明に録画するほか、
安全運転意識の向上はもちろん、
危険運転を防止する独自機能を搭載し、
交通事故を削減します。

運行管理サービス「ビークルアシスト」に
対応した通信ドライブレコーダー

2カメラタイプ

TVRC‒DH500‒FC

TVRC‒DH500‒FC

TVRC‒DH500‒RC

TVRC‒DH500‒RC

前方と車室内もしくは車両後方の同時録画が可能

1カメラタイプ

TMX‒DM02‒VA

TMX‒DM02‒VA

安心・安全を多彩な機能でサポート


SDカードに記録して運用するドライブレコーダー

2カメラタイプ

VREC‒DH700‒BRF

VREC‒DH700‒BRF

前方と、車室内もしくは車両後方の同時録画が可能。“ながら運転” や“あおり運転” 対策に活用できるSDカード運用の業務用ドライブレコーダーと小型カメラユニットのセットモデル。

詳しく見る

1カメラタイプ

VREC‒DH700‒B

VREC‒DH700‒B

業務用ニーズにしっかり応える充実の録画機能を搭載。ハイコストパフォーマンスなドライブレコーダー。

詳しく見る

関連コンテンツ

  • パイオニア通信ドライブレコーダーのこだわり解説
  • 全国の総務担当者に聞いた! ドライブレコーダー導入の実態調査!
  • ドライブレコーダーの運用次第で、事故は減らせる
  • MR管理の課題を解決!自動車事故削減・防止に効く通信ドライブレコーダーの活用法とは?
  • 業務用ドライブレコーダー