VehicleAssist

総務担当者・
車両管理担当者様は必読!

事故防止だけで終わらない!
働き方改革を実現する
クラウド型
運行管理サービスのすすめ

★『働き方改革関連法案』の
対応ポイント付き★

「長時間労働の是正」
「労働生産性向上」
「柔軟な働き方」

車両にまつわる業務の
”働き方改革”指南書!

  • ドライバーや営業担当者など車両を使用する社員の活動状況を見える化して、
    長時間労働を是正したい
  • 管理業務の手間を無くし、無駄な時間を削減したい
  • 属人化している車両にまつわる業務を平準化し、組織で運用できるようにしたい
  • 業務の効率を上げて、新しい仕事に取り組みたい

という車両管理担当者様・総務担当者様は
必読です。

  • 頁数:18P
  • ファイル形式:PDFデータ

事故防止だけで終わらない!
働き方改革を実現する
クラウド型運行管理サービスのすすめ

★『働き方改革関連法案』の
対応ポイント付き★

資料の内容

本資料は、社用車を持つ企業の管理担当者の方向けに、車両にまつわる業務の働き方改革を実現する“クラウド型運行管理サービス”をご提案するための資料です。
皆様の「働き方改革」の一助となれば幸いです。

待ったなし!
『働き方改革関連法』への対応

働き手の確保や残業時間の増加などが問題となり、それを解決するために成立した『働き方改革関連法』。
2019年4月から順次施行されることとなり、企業もその変化を取り入れることが求められています。

  • 残業時間の上限を規制

    時間外労働の上限が月45時間、年360時間となります。
    自動車運転業務においても2024年4月より摘要に。
    (一部職種を除く)

  • 月60時間を超える残業の
    割増賃金率の引き上げ

    現行では、大企業で50%、中小企業で25%だった月60時間超の残業割増賃金率が、改定後は大企業、中小企業ともに50%に引き上げられます。

    ※同制度の施行日は2023年4月1日となります。

※上記は「働き方改革関連法」のポイントの一部となります。

多くの企業が取り組みを開始した
”労働時間短縮”

働き方改革に取り組んでいる企業で、具体的な取り組みは何かを調査。
その第1位は「労働時間の短縮(ノー残業デー、朝型勤務、深夜残業禁止など)」となり、働き方改革を取り組むうえで、多くの企業は「労働時間の短縮」に取り組んでいることが分かります。

  • 企業が取り組む内容の最多は
    「労働時間の短縮」

    【調査概要】
    ■調査方法:インターネットによるアンケート
    ■調査期間: 2018年2月1日~2月25日
    ■調査対象:『エン転職』利用者
    ■有効回答数:6,768名

    出典:6,700名の社会人に聞いた「働き方改革」意識調査

“労働時間短縮”させるために
取り組んでいることとは?

「働き方改革」への取り組み実態調査(HR総研調べ)によると、周知・啓発など一方的な働きかけだけでなく、「業務プロセスの見直し・改善」が多いようです。また、「業務配分の見直し」や「適正な人員配置による一人当たりの業務量の削減」といった、抜本的な改革を検討していることが分かります。

  • 「働き方改革」への取り組み実態調査

    【調査概要】
    ■調査方法:webアンケート
    ■調査期間:2016年10月5日~10月20日
    ■調査対象:上場および未上場企業人事責任者・担当者
    ■有効回答数:252件

    出典:HR総研:「働き方改革」への取り組み実態調査【2】労働時間

しかし、これらの施策がうまくいっている企業は約3割程度であり、
「業務量が多く、人員が不足している」など、人員を増やすか、業務量を減らすかしかない
と悩まれているご担当者様が多いというデータもあります。

車両にまつわる業務
の働き方改革にも、多くの課題が…

中でも、車両管理業務は、人手と時間でカバーするアナログ運用をしているケースが多く、それでは多くのムラ・ムダが発生します。また、知識や経験・勘を必要とする業務は特定の人に依存してしまい、代わりのいないリスク対策は企業にとって大きな問題です。

アナログ管理

  • 活動状況の見える化ができない

  • 業務が属人化している

時間と手間の問題

人手不足の問題

業務の滞り

アナログ管理のままでは、
働き方改革の実現は困難です!

【ありがちな管理業務】人手と時間でカバーするアナログ管理 【理想の管理業務】クラウド活用による業務効率化と平準化 【ありがちな管理業務】人手と時間でカバーするアナログ管理 【理想の管理業務】クラウド活用による業務効率化と平準化

クラウド型運行管理サービスの活用で課題を解決しましょう!

クラウド型運行管理サービスを
活用したムリ・ムラ・ムダの改善

人と車両の情報収集・管理にかかる”手間を削減”と、属人化している業務の“平準化”をクラウドならではのサービスで実現することができます。

【自動的な『見える化』】【業務分担・平準化】 【自動的な『見える化』】【業務分担・平準化】 【働き方改革】残業費などの経費削減・業務効率改善による総合力UP・脱属人化によるリスク回避 【働き方改革】残業費などの経費削減・業務効率改善による総合力UP・脱属人化によるリスク回避

事故防止だけで終わらない!クラウド活用で業務を効率化!

働き方改革を実現する
クラウド型運行管理サービスのすすめ
★『働き方改革関連法案』の
対応ポイント付き★

長時間労働の是正

労働生産性の向上

柔軟な働き方

パイオニアのクラウド型運行管理サービス『ビークルアシスト』は
働き方改革に関する3つのテーマをサポート!

管理者だけでなくドライバーの業務を効率化すると同時に、
活動状況を見える化することで、業務プロセスの見直し・改善にも取り組めます。

ビークルアシストを活用した
「働き方改革」を検討してみませんか?

まずはガイドブック、カタログをご覧ください。

働き方改革を実現する
クラウド型運行管理サービスの
すすめ

資料ダウンロード

パイオニア「ビークルアシスト」
の資料請求・お見積り

カタログダウンロード

ビークルアシストの
導入に関するご相談・お見積り

相談・見積り