資料請求・お問い合わせ

簡単 運用が楽 たった2つのルールの 安全運転指導だから、 継続的に取り組める。 簡単 運用が楽 たった2つのルールの 安全運転指導だから、 継続的に取り組める。

1件の重大事故の背景に隠れる多くのヒヤリハット…
ヒヤリハットの削減には、日常業務に組み込み、
継続的に取り組める安全運転指導が必要です。

【ハインリッヒの法則】

ルール1 ドライバーに危険運転警告が出ないように 指導してください。 ルール1 ドライバーに危険運転警告が出ないように 指導してください。

イメージ

危険挙動を検知すると、音声と画面表示でドライバーにお知らせ。

危険運転の内容を具体的に音声で案内するのでドライバーの学習度も高まります。 危険運転の内容を具体的に音声で案内するのでドライバーの学習度も高まります。

ルール2 危険挙動通知メールが届いたら、その日のうちに指導してください。 ルール2 危険挙動通知メールが届いたら、その日のうちに指導してください。

イメージ

強い衝撃や危険挙動を検知すると、自動的にメールを送信。

通知メール上で、危険挙動があった場所や動画を確認できるので、状況を手軽に把握できます。 通知メール上で、危険挙動があった場所や動画を確認できるので、状況を手軽に把握できます。

プラス 事故が減らない場合の指導も手軽に行えます。

危険挙動の多い組織やドライバーをピックアップし、その指導ポイントを記載した「マンスリーレポート」を自動的に作成・表示。
▲安全運転管理アシストレポート 表示例

▲安全運転管理アシストレポート 表示例

●月に一度の「安全運転管理アシストレポート」で、危険挙動の多い組織やドライバーを簡単に特定できます。
●指導ポイントが自動的に表示されます。
●「安全運転管理アシストレポート」で特定した危険挙動の多いドライバーの危険運転状況の詳細を「危険挙動リスト」で確認できます。

「ヒヤリハット地点案内 ] および「長時間運転警告」の音声は、OFFまたは音量の設定が可能です。

  • IT導入補助金
  • ビークルアシスト モニター制度実施中!
  • PDFカタログがご覧いただけます。

    カタログダウンロード
  • 導入のご相談やお見積りなど
    お気軽にお問い合わせください。

    ビークルアシストのお問い合わせ