pioneer

資料請求・お問い合わせ

業務用機能一覧

印刷用PDF(938 KB)はこちら
シリアルコマンド機能一覧
その他の業務用機能(SDカード機能)一覧

シリアルコマンド機能一覧

機能名 機能説明 コマンド
ID
AVIC-BZ500-B2V/AVIC-BX500-B2V GPS-M2 GPS-M1ZZ
AVIC-
BZ500II-B2V
AVIC-
BX500II-B2V
GPS-M2 GPS-M1ZZ
目的地送信/ルート設定関連
簡易ルート
探索
外部側からカーナビに目的地を送信することが可能。目的地まで自動的に道塗りが行われ、ルート誘導が開始されます。探索条件(距離優先、有料道路回避など)はあらかじめ設定されている条件となり、立ち寄り地点の指定はできません。 20h
ルート探索/
消去
「簡易ルート探索」の機能に加えて、立ち寄り地点を最大4ポイントまで指定可能。 19h
立ち寄り
地点指定
ルート探索
「簡易ルート探索」の機能に加えて、立ち寄り地点を最大5ポイントまで指定可能。さらに、探索条件の指定もできます。 35h
電話番号に
よるルート
探索
電話番号による目的地送信が可能。探索条件はあらかじめ設定されている条件となり、立ち寄り地点の指定はできません。 41h
位置情報取得関連
基本位置
情報取得
GPS情報およびジャイロ/加速度センサー情報に基いて、車両の位置(緯度・経度)・高度・速度・進行方向や、時刻の情報を取得。カーナビ使用の場合、位置はマップマッチング後の値を出力するため、より精度の高い位置取得を実現します。車両の位置把握のほか、走行記録による日報処理などにも活用できます。 75h
拡張位置
情報取得
GPS情報およびジャイロ/加速度センサー情報に基いて、加速度情報(前後/左右)や方位変化量、積算走行距離(オドメーター)が取得可能。安全運転解析や運行改善指示に活用できます。 36h ●※1
メッセージ送信関連
メッセージ
送信・消去・
全消去
カーナビの画面上にセンター側から送信したメッセージを表示することが可能。また、カーナビが受信したメッセージは、履歴として最新の100件まで自動保存され、既読/未読の判別も画面上で確認できます。メッセージをセンター側から全消去することが可能です。 12h
38h
※2
メッセージ
既読確認
センター側から送信したメッセージの既読/未読を確認できます。 13h
27h
※3
応答付き
メッセージ
表示
表示されたメッセージに対して、「はい・いいえ」の応答を返すことが可能。指定先への訪問可否等が確認できます。 39h
拡張応答付
メッセージ
表示
カーナビの画面上に、①ボタン数が異なる4つの基本画面パターン、②フォントの大きさ標準/大、③背景色2色、④ボタン色6色、⑤個々のボタンの表示/非表示を選択できます。また、ボタンが押された時の動作を、押されたボタンNo.を出力する/簡易ルート探索/指定位置表示の3つから選択が可能。 59h
簡易
メッセージ
表示
カーナビの地図画面上部または下部にメッセージを表示可能。走行時の安全・運転を喚起するメッセージなどを表示時間指定で設定して活用できます。 51h
登録地/登録コース送信関連
地点登録/
消去
外部側からカーナビに対し、登録地を設定/消去可能。訪問先を一括登録し指示することができます。 33h ●※4※5
登録地点
一覧取得
カーナビに設定されている登録地や自宅を、センター側が一覧で取得することが可能。乗務員が新規に登録した顧客位置情報などをセンター側で取得・管理することができます。(最大1000件+自宅1件) 34h

コース登録/
消去

外部側からカーナビに対し、登録コースを設定/消去可能。複数の目的地をコースとして登録することで、簡単かつ確実に日々の訪問先を案内することができます。 60h
動態受信関連
動態状態
出力
現在の業務の状況(動態状態)を出力する機能。乗務員に該当の動態ボタンをタッチさせることで、センター側は、現在の業務状況を把握することができます。 47h
動態状態
出力設定
「動態状態出力」を有効にするための機能。これにより、カーナビのメニューの中に、任意の文字が指定できる(例:「到着」「作業開始」「作業終了」「出発」「休憩・食事」・・・など)動態ボタンを配置・設定可能。※運行管理以外でも「予約延長」「返却場所案内」など様々な用途に活用できます(カーシェアリング例)。 46h
56h
※6
その他の便利な機能
他車位置
表示/消去
他の車両の位置情報をカーナビに送ることにより、他車の位置をアイコンで表示することが可能。該当車を他車と合流させたい場合などに活用できます。 18h
設定目的地
取得
カーナビ側で設定しているルートの目的地をセンター側で取得でき、現在向かっている訪問先を確認可能。 1Ah
到着目的地
取得
カーナビ側がルート設定の上で目的地に到着した際、その目的地の位置や名称を出力することができ、車両がどこに到着したかを確認可能。 58h
経路状況
取得
ルート設定がされているときに、カーナビに表示される残り距離、残り時間、予想到着時刻、高速予想料金を、センター側で取得することが可能。顧客からの問い合わせ対応時などに便利です。 37h
目的地設定
状況取得
カーナビ側で目的地を設定したときに、カーナビに表示される残り距離、残り時間、予想到着時刻、高速予想料金、目的地の位置や名称が出力されます。センター側で車両がどこに向かおうとしているのかを確認できます。 5Bh
指定位置
表示/取得
センター側が指定した位置をカーナビに表示させることができるほか、乗務員が見ている地図をセンター側で把握することも可能。乗務員/センター側双方で、位置を確認し合えます。 32h
危険運転
状況取得
車両の状態が、あらかじめ設定されている警告条件(急加速閾値、急減速閾値、速度超過閾値など)を超えた場合、その位置や速度、方位、加速度などの情報が出力されます。※条件はSDカードからのみ設定可能。 5Ah
文字(数字)
入力
カーナビ上で入力画面を呼び出し、文字や数値を入力してセンター側に知らせることが可能。給油量やお客様名など、センター側が把握したい内容をタイトル名として自在に設定できます。 50h
各種情報
消去・初期化
ルート・登録地などのユーザー情報各種音量設定を外部から一括消去可能。顧客情報の漏洩抑止などに役立ちます。 55h ●※7
その他メンテナンス関連
GPS
アンテナ診断
GPSアンテナが機能しているかを判定し、コネクターの抜け落ちやコードの断線などをチェックできます。 78h ●※8
バージョン
情報取得
製品のソフトウェアバージョンを取得可能。複数モデルを混在利用していても、機種の判別を容易にします。 1Eh
測地系・時刻
オフセット
設定
出荷時の日本測地系や日本時刻を変更可能とし、外国での使用に対応します。 3Fh
センサー
データ取得
GPS受信時に関わらずジャイロ/加速度センサー情報のみの出力データを取得可能です。 A3h
測位制限
設定・
学習度取得
日本用の測位制限枠を変更でき、外国での使用にも対応。ジャイロ/加速度センサーの学習度もチェックできます。 83h
NMEA
フォーマット
汎用性の高いNMEAフォーマットに対応した車載機との接続が可能。※GPS-M2/M1ZZ本体のディップスイッチ変更により対応。
※1 方向変化量・左右加速度は取得不可。※2 ID12hの場合はメッセージ受信時にビープ音、ID38hの場合は無音。※3 ID13hの場合は最新メッセージの既読/未読のみ確認可能。ID27hの場合はどのメッセージでも既読/未読の確認を行うことが可能。※4 登録/消去可能件数は最大1,000地点。※5 自宅の登録は不可。※6 ID46hにより7個の動態ボタンの配置・設定が可能。8個目の動態ボタンを配置・設定するためにはID56hを使用。またID56hでは動態ボタンメニューに対するタイトル文字を指定可能。※7 音量設定情報の初期化は不可。※8 アンテナ診断結果は常に正常となります。

その他の業務用機能(SDカード機能)一覧

機能名 機能説明 AVIC-BZ500-B2V/AVIC-BX500-B2V GPS-M2 GPS-M1ZZ
AVIC-
BZ500-B2V
AVIC-
BX500-B2V
GPS-M2 GPS-M1ZZ
SDカード
ログ機能
車両位置・速度・方向・時刻・動態状態等をカードに記録。走行記録による日報処理や安全運転解析、運行改善指示などに活用できます。 ▲※3 ▲※3
SDカード
登録地
読込機能
カードに保存された登録地データを一括で読み込み可能。配送先や配送順の指定などに活用できます。 ●※1
SDカード
地点検索
カードに保存された地点情報を、カーナビに取り込むことなく、直接検索可能。設備や施設の管理・メンテナンス業務など、大量の訪問先がある場合に特に有効です。地点ごとに詳細なコメントや画像もつけられます。 ●※2
※1 最大読込可能件数は1,000件。 ※2 最大登録可能件数は理論値で2,700万件となりますが、実際の最大件数はカードの容量・画像データの有無によって異なります。※3 SDカードライター「Bit-10」との接続によりSDカードを利用することも可。この場合、他車載機との同時接続は不可。
閉じる